LUMPWORKS

LUMPWORKS(ランプワークス)の片岡と申します。

「作る」楽しさをあなたに伝えることをヴィジョンに小ロット専門でオリジナルTシャツ&グッズの制作をしています。

挨拶代わりに、僕の想いを語ったインタビューを掲載します。
ぜひ、読んでください。

インタビュー

作るってワクワクしませんか?

ー 片岡さんがオリジナルTシャツ制作を始めたきっかけはなんですか?

片岡:友人の一言がきっかけでした。ある日、「Tシャツ作られへんか?」と唐突に聞かれました。きっと、亡祖父が学生服の販売会社をしていたので、衣料繋がりで僕に話が来たのでしょう。
当時、Tシャツの作り方なんて知らないし、取引先もありませんでした。それでも直観で楽しそうと感じたので「いけるで、任せて」なんて言っちゃいました。
言ってしまったので、1ヵ月程かけてTシャツの作り方を調べて勉強しました。なんとか無地ボディーメーカーやプリント工場とも契約ができてオリジナルTシャツ制作ができるようになりました。

ー はじめは何気ない好奇心からだったんですね。デザインなども勉強されたのですか?

片岡:デザインは学生時代からショップの名刺制作やSNSの宣伝画像を作ったりしていたのでillustratorも使えたしある程度はできていました。ただ、ウェアにはウェアに適したデザイン方法があり苦戦しながらも各プリント方法に応じたデザインを身に着けていきました。
すべて独学で先生がいなかったので、時間はかかりましたが今では強い武器になっています。

ー 制作環境はどういった感じでしょうか?

片岡:デザインはAdobeソフトを使っています。illustratorとPhotoshop以外は使う事はありませんが。
Tシャツなどウェアはトナー転写がメインです。専用のホワイトトナー搭載のプリンタとプレス機が主な機材です。プレス機は大きなものが1つとイベント出店用の軽めのものが1つ、そして帽子専用のプレス機です。後はカッティング転写する際に使うカッティングプロッター、シルクプリント台、紙類をプリントするレーザープリンタと裁断機です。

ー では、ほとんどの自社工場での制作ということですか?

片岡:そうですね。繁忙期や受注内容によってはパートナーにお願いすることもありますがやっぱり自分で作る方が楽しいですから。オリジナルアイテムはクライアントはもちろん僕自身もワクワクしながら作っています。作るってワクワクしませんか?

ー 確かにオリジナルって愛着湧きますもんね。続いてLUMPWORKSについてお聞かせください。

誰でもオリジナルが楽しめる世の中にしたい

ー LUMPWORKSの名前の由来を教えてください。

片岡:学生時代ヒップホップをしていて、ビートメイクをする時の名前がLumpBeatsでした。「LUMP」には塊といった意味があります。ビートメイクではヒップホップの伝統的な作曲方法であるサンプリングという手法を使っていました。既存の音をバラバラにして組み合えて新たな曲を作る、音のコラージュのようなものです。バラバラの音を1つの塊にするという所からつけました。
LUMPWORKSも同じで、塊という意味を持たせています。人それぞれが持つ「作りたい」という気持ちが集まるワークショップになるようにと想いつけました。

ー 素敵な由来ですね。LUMPWORKSのコンセプトはやはり「作る」ですか?

そうですね。「作る」をあなたに伝える。というキャッチコピーの通りです。オリジナルのものって一昔前は何十枚からじゃないと凄く高かったり、なんなら作ってくれる所がなかったりしたじゃないですか?それも技術の発展で小ロットでも手軽に作れるようになりました。
かといって小ロットを喜んで引き受ける企業は少ないです。せっかく1枚からでも作ることを楽しめる時代なのに制作側の理由で世間に広まり切っていないのが現状です。
僕は店舗やイベント時などはもちろん個人でも誰でもオリジナルを楽しめる世の中にしたいと思っています。

ー 「作る」ことならTシャツ以外にもアイテムの幅が広まりますね。

Tシャツ以外にもウェア類はポロシャツやパーカーなどのスエット類が人気です。他にもキャップやトートバッグ、シャツやアウターなんかも取扱いがあります。
ウェア類以外ではのぼりや名刺・ショップカード、のれん、ポップ、ステッカーなどの店舗や企業、チームでよく使われるグッズが制作可能です。
これからはホームページ制作や自宅でアイロンプリントができるシートなんかも取り入れていく予定です。
もちろん看板はオリジナルTシャツですが、たくさんの「作る」がLUMPWORKSにはあります。

一緒に作っていく、それがLUMPWORKS

ー 制作の時に大切にしている事はありますか?

業者とクライアントという関係はどうしても、制作依頼者と制作者にわかれます。効率的かもしれませんが、LUMPWORKSでは一緒に作っていくことを心がけています。
クライアントから頂いた案件をそのまま形にするだけではなく、より良い方法があれば提案します。デザインなどに関してもアドバイスを求められる時も多いです。オリジナルグッズを制作する業者ではなく、一緒に作っていくパートナーといった立ち位置ですかね。
それこそ、デザインができい方やパソコンが苦手な方でもオリジナルの制作を楽しんでもらいたいという気持ちが強いです。

ー 素晴らしいスタイルですね。デザインなども手伝ってくれるなら安心です。

専門知識やデザインセンスはクライアント側に委ねるんじゃなく、プロとしてこちらがわがサポートすべきなんですよね。よく言うんですけど「作りたい気持ち」があればそれで十分で、あとはLUMPWORKSと一緒に形にしていきましょうってスタンスです。
デザインもシンプルなものなら手書き原稿のデータ化も無料で行っています。画像データ入稿でもよっぽど手間がかかるものでなければ無料で受けています。
オリジナルのアイテムを作る時、「イラレ以外は5000円かかります」とか「手書きのデータおこしは4000円です」とか多いんですよ。結局1枚だけ作るのに1万円近く請求されたりって話も聞きます。
でも、それって作る側の都合なんですよね。画像データでも画質がよっぽど悪くない限りそれほど手間はかかりませんし、イラストからデータにするのも繊細なものでなければ何時間もかかることはありません。それなのに専門データじゃないからお金かかりますってのは殺生じゃないですか。1000円とか500円ならわかるけど、何千円もかかるのが普通になってしまっていますからね。

ー 確かにバナーで安く掲げて結局後で追加料金というパターンは多いです。

そういう現状があるから、オリジナルを楽しむことに制限がかかっちゃうんですよ。売上はもちろん大切ですが、それ以上に多くの人に作る楽しさを伝えたいです。
適正利益で仕事を受ける。それって当たり前のことで、よく「え、画像データでも大丈夫なんですね!」なんて喜んでもらえますが一般の人がイラレのデータを持ってる方が珍しいんだから、こちらの工夫でコストをさげて対応していくべきなんですよ。

使えるとこは使ってオリジナルを楽しんでほしい

ー 優しさがにじみ出ていますね(笑)逆に料金がかかるデータはどういったものですか?

完全オリジナルデザインはデザイン料をいただいています。後は、写真からイラストにする時や、手書きでも繊細なデザイン、画像でも画質が悪すぎてこちらで1から作り直さないといけない場合ですかね。
これらはやはり時間がかかるので、その分の適正な金額を頂戴しています。でも、クライアントにもおすすめする事もあるんですが、時間に余裕があるならココナラとかでやってくれる人を見つけてデータ化してもらえば安くつきます。これ言っちゃうと、仕事が減りますが今の時代隠す必要もないレベルの技ですよね。
でも、完全データでいただければ僕も制作までの流れがスムーズになるので、ココナラやランサーズでデザイナー見習いのような方を見つけて依頼する手はWIN-WINなんです。

ー そんなことまで言っちゃっていいんですか?デザイン費はグッズ制作の企業では利益率の高い美味しい売上とよく聞きますが(笑)

確かに利益率はいいです。ただ、やりとりの回数も増えるし、クライアント側のコストもあがります。それを回避して、スムーズにオリジナルを楽しんでもらうにはいい流れです。
利益や売上ばかり考えてると、まずオリジナルTシャツ制作で商売をしようなんて思いません。規模が大きくないと何億と稼げるものではないので。
それでも僕はオリジナルTシャツやグッズを作るのが楽しくて、それを受け取ったクライアントの反応が嬉しくてやっています。
使えるツールは使って、手軽にオリジナルを楽しんでもらいたいんですよね。
そういう想いでやってると、僕もクライアントも楽しくどちらも搾取されない関係になっていくと思うんです。

ー 利益は後から付いて来るとよく言いますが、まさにそれを体現されているわけですね。

自分の好きな事で飯が食えたら幸せじゃないですか。何億稼ぐぜー!なんてお金しか見てないと稼げたとしても楽しくはないと思うんですよね。
なんのためにオリジナルTシャツを作っているのか、それを忘れたくないです。

LUMPWORKSでの制作は楽しい

ー 最後にひと言お願いします。

まだオリジナルTシャツ&グッズを作った事がない人も、作った事がある人もLUMPWORKS(ランプワークス)で楽しいオリジナルライフを送ってみませんか?
自慢になっちゃいますが、リピート率は高いです。それはLUMPWORKSでの制作が楽しいというところからでしょう。
ただ、言われた通りに動く業者ではなく、一緒に作っていくパートナーとしてのLUMPWORKSです。
分からない事や、気になる事、プライベートな事でもなんでも気軽に聞いてください。
あなたと一緒にオリジナルを作れることを楽しみにしています。


ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

LUMPWORKSは大阪堺を拠点とする小ロット専門のオリジナルTシャツ制作工房です。「作る楽しさをあなたに伝える」をテーマに運営をしています。
Tシャツの他パーカーやポロシャツ、キャップなどのウェアはもちろん、ステッカーや名刺・ショップカード、のぼりなどの制作も可能です。
必要なのは「作りたい」という気持ちだけ。オリジナルウェア、グッズ制作のご相談はLUMPWORKSへ。

1枚から作れるオリジナルTシャツ

LUMPWORKS

LUMPWORKS(ランプワークス)は大阪堺を拠点とする小ロット専門のオリジナルTシャツ制作工房です。「作る、その先の未来を共に創る」をテーマに運営をしています。
Tシャツの他パーカーやポロシャツ、キャップなどのウェアはもちろん、ステッカーや名刺・ショップカード、のぼりなどの制作も可能です。
必要なのは「作りたい」という気持ちだけ。オリジナルウェア、グッズ制作のご相談はLUMPWORKSへお任せください。

20枚以上をお考えの方へ

小ロットが得意で小回りが効くLUMPWORKSですが、もちろん50枚や100枚、1000枚など量産の対応可能です。
20枚以上をお考えの方は以下のページを参照ください。

その他お問合せ

ウェアの他、名刺やステッカー、のぼり、ポップなど様々なアイテムが制作可能です。
当サイトに掲載されていないアイテムでも「こんなのも作れるのかな?」と思うものがあればご遠慮なくお問い合わせください。

SNSで最新情報をゲット

Twitter

@lumpworksがLUMPWORKS代表 片岡のツイッターアカウントです。



Instagram

@lumpworksが公式アカウントです。

@lumpworksをフォローする

公式LINE

LINEからはお問い合わせやご相談も可能です。


友だち追加

インフォメーション

LUMPWORKS

〒590-0064 大阪府堺市堺区南安井町4-1-11
営業時間 10:00~19:00(水曜定休日)
電話番号 070-8442-4547